CATEGORY

PD当事者と関わる全ての方向け

パーキンソン病(略してPD)当事者と関わる全ての方向けの記事です。

  • 2021年6月22日

歩きにくさを感じる時の対策とは?

パーキンソン病はある特徴的な歩行により、ゆっくり歩くのが難しい時があります。パーキンソン病当事者が、健常者とは違う歩き方をわざとしているのではなく、コントロールが難しい結果少し変な風に歩いているのが正しいです。

  • 2021年6月1日
  • 2021年6月13日

パーキンソン病の主な症状とは?

パーキンソン病には誰の目から見てもわかる症状と、外側から見てもわからない症状があります。この2つの症状がパーキンソン病当事者に多大な影響を与えることは、一般的にあまり知られていません。この記事からパーキンソン病当事者の特徴を知っていただければ、幸いで […]

  • 2021年5月4日
  • 2021年6月13日

動けない状態での脱水症状出現に要注意!

パーキンソン病でオフになり、長時間動けない状態になる可能性があります。同時に、気温の上昇などで体内の水分が過剰に出ていくと、脱水症状が出現して最悪の場合、命が危機的状況に…。そのような事態にならないように、動けない時の水分補給対策を取る必要があります […]

  • 2021年4月3日
  • 2021年6月13日

脳神経内科のない病院で入院する時に対処すべき事とは?

転倒したケガが原因で、脳神経内科のない病院で入院することがあるかもしれません。そのような状況にあった場合でも、医師や看護師と円滑なコミュニケーションがとれれば、安心ですね。 今回の記事では、脳神経内科のない病院で入院する場合の対処方法をお伝えします。

  • 2020年12月23日
  • 2021年6月13日

レポドパカルビドパ経腸療法(LCIG)と腹痛

レポドパカルビドパ経腸療法(LCIG)は胃ろうを作って外部からレポドパカルビドパ液を入れて、体を動かそうとする療法です。安全に運用をしないと、自分の体を危うくする可能性があります。 <注意> 管理人は医療従事者ではありません。参考資料をもとに記事掲載 […]

  • 2020年12月1日
  • 2021年6月13日

DBSとMRI検査

DBS(脳深部刺激療法)は、現在、一部機器で条件付きでMRI検査が可能となっています。ただし、ある一定の条件を満たさない場合、MRI検査ができない可能性があり、これを十分、踏まえた上で、冷静に検討したいところです。

  • 2020年7月23日
  • 2021年6月13日

歩行器で外出して困り事発生!その時は総合案内で相談しよう

最近のショッピングモールや百貨店はバリアフリー仕様で店内を設計しています。また、歩行器で店内を回るときは、商品が通路にはみ出てないかを確認しながら通行する必要があります。 また、お昼に飲食店に入ろうとした時に、歩行器が通れるほどの通路幅があるか、安全 […]

  • 2020年3月11日
  • 2021年6月13日

病状日誌を書き続ける

「症状の記録をつけてください」と言われ、何を書いていけばいいのかよくわからないから困るとか、面倒だなとかいろいろ、思うことでしょう。管理人は時々、病状日誌を書くのをお休みにしたり、突然書き出したりと、いろいろありました。結論としては、休み休みであろう […]

  • 2020年1月17日
  • 2021年6月13日

薬の効果を注意深く観察する3つのポイント

飲む薬の種類が変わる場合は、特に気をつける事はあまりないです。しかし、飲む薬から貼り付ける薬に変わった場合、薬の吸収経路がだいぶ違ってくるので、自分にうまく効いているのかどうか、注意深い観察が必要です。

>もっと役立つ情報を伝えたい

もっと役立つ情報を伝えたい

パーキンソン病と共に人生を歩むことになった方々に、ちょっとでも役立つ情報や体験、病気に対する考え方のヒントをシェアしたく、このサイトを作りました。 もし、記事にある情報より良いものがあるとご存知の方は、ぜひ下記のボタンからご連絡くださいませ。

CTR IMG