ただいま、デザインを変更していおります。一部不具合があるかもしれませんが、ご了承くださいませ。

朗報 2019年度のインフルエンザ発生は昨年度より大幅に減少

新型肺炎が話題になりすぎて、2019年度のインフルエンザは一体どうなったのかなと思い、厚生労働省のインフルエンザ関係のホームページを見に行きました。そこで、驚きの事実が分かったのです。

インフルエンザ発生報告数の比較

毎年やってくるインフルエンザは、厚生労働省の発表によると、下記の通りになっているようです。

※下記の集計は2020/4/10集計で、期間は9/2〜4/5までのものです。

インフルエンザ発生件数集計
インフルエンザ発生件数報告数
2018年度と2019年度インフルエンザ発生報告数の集計

もともと、インフルエンザの流行が2018年度レベルではなかったものの、飛沫感染対策、つまり咳エチケットやマスク使ったり、手洗い・うがいなどの徹底を行政が呼びかけたせいか、年が明けてから発生報告数が大幅に落ちています。

ちょっと不思議に思うことが一つありまして、インフルエンザの発生数を抑えれたという情報をなぜ、メディアが取り上げないかが、私にはよくわかりません。

基本をしっかりやれば、感染症の発生数は抑えられる

感染症に対して個人レベルでできるのは下記の5つです。

  1. 体の免疫を高める生活をする(詳細はこちらを参照ください
  2. 手洗いやうがい、咳エチケットをしっかりする
  3. 換気の悪い密閉空間を避ける
  4. 大勢がいる密集した場所を避ける
  5. 間近で会話する密接場面を避ける

この基本を徹底していた方が大幅に増えたので、インフルエンザが減少したと管理人は考えています。インフルエンザの流行を抑えれた私たちであれば、自分を守ることで大切なひとも守れるのではないでしょうか。

まだ、私たちは油断できない状態ではありますが、まず基本を徹底して行うことから始めませんか?

最新情報をチェックしよう!
>もっと役立つ情報を伝えたい

もっと役立つ情報を伝えたい

パーキンソン病と共に人生を歩むことになった方々に、ちょっとでも役立つ情報や体験、病気に対する考え方のヒントをシェアしたく、このサイトを作りました。 もし、記事にある情報より良いものがあるとご存知の方は、ぜひ下記のボタンからご連絡くださいませ。

CTR IMG