ただいま、デザインを変更していおります。一部不具合があるかもしれませんが、ご了承くださいませ。

2016年にフィンランドへ一人で行った管理人①

今回は、パーキンソン病から離れて、旅の記録です。コロナ騒動で鬱々しがちですが、フィンランドの写真をいっぱい載せましたので、気分転換にご覧ください。ちなみに当時、パーキンソン病発症10年目に一人で出かけました。

2016年9月にフィンランドの首都へ行く

フィンランドに行こうと思い立ったのは、北欧生地ブランドの“マリメッコ”を見るのが好きで、歩けるうちに現地へ行こうと思ったのでした。

航空機の手続きはこちらをご参考にされてください。

国際空港からいざ、フィンエアーにのってフィンランド首都、ヘルシンキまで約10時間の直行便です。行きの空路は、北極に近いところを通ります。

機内で出されたもので、時系列的には左から10時のおやつ、昼食、15時のおやつとなります。
15時のおやつは、チョコミントのチョコバーでドリンクと合わせてセルフで、食べ放題でした。フィンエアーの名物、ブルーベリージュースは逸品です。

写真はお手拭き。いい香りが漂うまくるかと思いきや、普通のお手拭きでした。
背景に写っているのは枕です。黄緑色の枕と毛布は貸し出しで席に標準装備。

空港から降り立ち、電車で首都へ向かいます。ただし、フィンランドはキャッシュレスで精算するのでクレジットカードを予備を含めて、複数枚を持っていかないと、お支払いでゲームオーバーとなり、非常に危険です。

実際にあった例ですが、電車に乗る時、日本だと駅改札口の近くに券売機があります。フィンランドの空港から首都への直通列車を乗る場合、地下にある乗り場へ降りて行ったらホームしかない。ホームの中にクレジットカード決済の券売機しかなく、どうしたらいいのか困ってたら、現金専用券売機は地上にあると現地の方がすかさず、アドバイスくれました。

そこまでキャッシュレス化が進んでいたとは、人口が日本より少ない分、効率いいとこをとっているようです。

駅に着いたら、石畳の上をひたすら、歩く歩く。スーツケースの音がごとごとと鳴り響かせながら、ホテルまで歩きます。

宿泊先のホテルです。やはり、トイレとシャワーが一つのお部屋でした。
ちなみに、海外ではシングルのお部屋はありません。壁にはテレビがあります。

しゃべっている内容は不明だが、子供向け番組らしい

早朝の番組は、人生相談や電話越しでの占い番組が主のようでした。

フィンランドは、公用語が①フィン語、②スウェーデン語、③英語で、主に利用されるのは①フィン語、②スウェーデン語です。本屋さんも英語とフィン語の2種類が用意されています。

本を買う時、こんな会話展開になりました。

管理人 「フィンランド史の本はありますか?」
店員さん「英語?フィン語?」
管理人 「え、英語で。(和訳されたフィン語辞典がないのです!)

フィンランドの晩ごはん1日目

近所にSUBWAYとスーパーがあったので、そこで買い物を終えて晩ご飯としました。

夕闇の駅前広場の写真です。暗くなってますが、市電、バス、自動車、たまに自転車が行き交います。

②へ続く

最新情報をチェックしよう!
>もっと役立つ情報を伝えたい

もっと役立つ情報を伝えたい

パーキンソン病と共に人生を歩むことになった方々に、ちょっとでも役立つ情報や体験、病気に対する考え方のヒントをシェアしたく、このサイトを作りました。 もし、記事にある情報より良いものがあるとご存知の方は、ぜひ下記のボタンからご連絡くださいませ。

CTR IMG