旅行会社に事前連絡を全てお願いしてみた

以前、個人レベルで各交通機関に事前連絡をいれた上で旅行をしたのですが、移動当日に伝達ミスによるトラブルがあり、どうしたものかなと悩んでました。今回、ネットで調べたら、歩行器や車椅子を使った移動のチケット手配に対応してくれる旅行会社が見つかり、事前連絡とチケット手配を全てお願いして、スムーズな旅が実現!

やっぱり旅の移動は、プロに任せたほうが安全安心にできるのを実感しました。

なぜ、旅行会社に事前連絡をお願いしたのか?

歩行器

電動アシスト歩行器を持参して旅行する旨を、個人レベルで事前連絡を行う場合、航空機より鉄道の方が難易度が高いように管理人は感じました。(鉄道による旅は、”鉄道に事前連絡しても、乗り遅れる可能性ありなのが障害者の旅”をご確認ください。)

まず、航空機の場合は歩行器や車椅子が持ち込まれるとある程度、聞かれることが決まっています。例えば、電動アシスト歩行器の場合は、下記の内容がチェックされます。

  1. バッテリーを外した歩行器本体重量
  2. バッテリーも取り外し可能か。取り外し可能なら、お客様の手荷物で持ち込み可能か
  3. バッテリーのボルト数と電流が条件内に収まっているか

確認を終えた後、航空機会社が管理されてる車椅子か歩行器で、保安検査場から搭乗口までの移動を行います。ところが、鉄道は運営会社によって運用ルールが違ってくるので、それぞれの鉄道会社へわかりやすい内容でお伝えする必要があります。

管理人の場合は電動アシスト歩行器が珍しいため、電動アシスト歩行器がそもそもどういう歩行器かを説明するところから始めないといけないので、電話で説明するより歩行器の仕様を掲載したホームページのURLをメールで送った方が、話が早いです。

旅行会社に事前連絡をお願いするメリットとデメリット

電話

今回の旅で管理人は航空機と複数の鉄道を乗り継ぐため、事前連絡でうまく伝えるハードルがより高くなります。検討の結果、安全に乗り継ぎをできるように、旅行会社に交通機関のチケット手配と事前連絡をすべてお任せしました。旅行会社に事前連絡をお願いするメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 身体障害者手帳の情報を旅行会社に知らせたら、鉄道のチケットはわざわざ窓口で買う必要がなくなった
  • 事前連絡がしっかりできていたので、スムーズに複数の鉄道を乗り換えることができた
  • 飛行機と鉄道を乗り換えを行う場合、どのくらいの時間をあけておけばいいのか計算せずに済んだ
  • 旅行会社の方が事前連絡した交通機関と担当者の名前、連絡した内容を書類にまとめて管理人に渡してくれたので、交通機関の窓口の方も安心して担当部署に確認が取れた
  • 空港内部の地図や鉄道の構内地図も渡してくれたので、エレベーターまでの経路に迷わなかった

デメリット

  • 旅行会社がチケットの手配をするので、手数料が多少かかる

今回の旅で管理人が利用したのは交通機関の手配と事前連絡だけですが、プロにお願いすることで、こちらの手間が大幅に減りました。何より、鉄道の特急を乗るのに、発売日当日にかえるかどうかヤキモキしないですみます。また、複数の鉄道を乗り換える際にどの駅で乗り換えた方がホームまで移動時間が少ないか等の情報は、しっかり旅行会社に蓄積されているので安心です。

旅行などで車椅子や歩行器での移動する場合、事前連絡の対応に慣れている旅行会社にお願いしたほうが、安全にかつスムーズに移動ができます。管理人は今回の旅でストレスなく移動ができたので、旅行会社にチケット手配をお願いするのをお勧めしたいです。

参考URL

バリアフリーツアー、障がい者・高齢者向けツアーを扱う旅行会社

https://www.ryokolink.com/travel/company_tm_barrierfree.htm

最新情報をチェックしよう!
>もっと役立つ情報を伝えたい

もっと役立つ情報を伝えたい

パーキンソン病と共に人生を歩むことになった方々に、ちょっとでも役立つ情報や体験、病気に対する考え方のヒントをシェアしたく、このサイトを作りました。 もし、記事にある情報より良いものがあるとご存知の方は、ぜひ下記のボタンからご連絡くださいませ。

CTR IMG