特定医療費の更新をスムーズに行うためには?

もうそろそろ、特定医療費の更新時期がきますよ〜と、お知らせの手紙が届く頃ですね。特に今回は、2020年にコロナで更新を延長したので、更新手続きをし忘れると、新規扱いで申請のやり直しとなるので注意しましょう。

今回は、復習の意味も込めて、ざっと更新のおさらいです。

臨床調査個人票の作成依頼は、5月前後がベスト

特定医療費の更新時期は例年、土日祝日を除いた6月1日〜9月30日となっています。ただし、新しい特定医療費受給者証の発行まで2〜3ヶ月かかるため、10月1日にスムーズに移行しようとすると、7月31日までに申請を終えなくてはなりません。

また、医師が診断書を書く場合、項目によっては検査が必要なケースもあったり、他の病院から移って現在の主治医が書くのに、前の病院記録が必要になったりするケースもあります。

スケジュールを図に示すとこのようになり、主治医が余裕持って書けるように時間的な配慮が必要です。

特定医療費更新スケジュール

証明日の日付にも注意

*上記画像は、パーキンソン病の臨床調査個人票の最終ページより抜粋

臨床調査個人票が証明書として有効な期間は、臨床調査個人票の最終ページにある記載年月日から3ヶ月以内です。なので、4月くらいに臨床調査個人票を書いてもらうと、記載年月日の日付によっては6月早々に提出する必要があります。

まとめ

素敵な製品をありがとう

特定医療費の更新は、医師と当事者である患者の信頼関係が試される場でもあります。毎年1回の更新ですが、ここをうまく乗り越えることで信頼関係を積み重ねていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>もっと役立つ情報を伝えたい

もっと役立つ情報を伝えたい

パーキンソン病と共に人生を歩むことになった方々に、ちょっとでも役立つ情報や体験、病気に対する考え方のヒントをシェアしたく、このサイトを作りました。 もし、記事にある情報より良いものがあるとご存知の方は、ぜひ下記のボタンからご連絡くださいませ。

CTR IMG