ただいま、デザインを変更していおります。一部不具合があるかもしれませんが、ご了承くださいませ。

パーキンソン病治療で処方される薬

作成日:2019-12-09

更新日:2019-12-18

パーキンソン病で処方される薬は、多くの薬があります。主に薬の効果で分けると、下記の区分となります。

薬は9つの種類に分けられます。薬の名前が違っても、同じ薬の効果があります。ここでは同じグループに分けられるものを表記しただけです。

注意事項ですが、管理人は薬剤師ではありません。薬の詳細な説明は、かかりつけの薬剤師さんに聞いたり、薬を処方時に一緒についてくる説明書をよく読んだり、独立行政法人 医薬品医療器総合機構(略してPmda)で調べたりして理解を深めましょう。

レボドパ製剤

レボドパ製剤配合錠

  • イーシー・ドパール配合錠100mg
  • マドパー配合錠100mg
  • ネオドパストン配合錠100mg
  • ネオドパゾール配合錠100mg
  • メネシット配合錠100mg
  • メネシット配合錠250mg

TOPへ戻る

単剤
  • ドパゾール錠200mg
  • ドパストンカプセル250mg

TOPへ戻る

空腸投与薬
  • デュオドーパ配合経腸用液

空腸投与薬とは、胃ろうをつくり小さなポンプから管を通してレボドパ製剤を直接、体内へ吸収させる治療法で使う薬剤です。

TOPへ戻る

レボドパ配合剤+COMT阻害剤

  • スタレボ配合錠50mg
  • スタレボ配合錠100mg

TOPへ戻る

選択的MAO-B阻害剤

  • エフピーOD錠2.5mg
  • アジレクト錠1mg
  • アジレクト錠0.5mg
  • エクフィナ錠50mg

TOPへ戻る

COMT阻害剤

  • コムタン錠100mg

TOPへ戻る

レボドパ賦活型製剤

  • トレリーフ錠25mg
  • トレリーフOD錠25mg

TOPへ戻る

アデノシンA2A受容体拮抗剤

  • ノウリアスト錠20mg

TOPへ戻る

ドパミン受容体作動剤

麦角ドパミン受容体作動剤

  • パーロデル錠2.5mg
  • ペルマックス錠50μg
  • ペルマックス錠250μg
  • カパサール錠0.25mg
  • カパサール錠10mg

TOPへ戻る

非麦角ドパミン受容体作動剤

  • ビ・シフロール錠0.125mg
  • ビ・シフロール錠0.5mg
  • ミラペックスLA錠0.375mg
  • ミラペックスLA錠1.5mg
  • ドミン錠0.4mg
  • レキップ錠0.25mg
  • レキップ錠1mg
  • レキップ錠2mg
  • レキップCR錠2mg
  • レキップCR錠8mg
  • プラミペキソール塩酸塩錠0.125mg「KO」(ジェネリック)
  • プラミペキソール塩酸塩錠0.5mg「KO」(ジェネリック)

TOPへ戻る

貼付剤

  • ニュープロパッチ2.25mg
  • ニュープロパッチ4.5mg
  • ニュープロパッチ9mg
  • ニュープロパッチ13.5mg
  • ニュープロパッチ18mg

TOPへ戻る

注射剤

  • アポカイン皮下注30mg

TOPへ戻る

ドパミン放出促進剤

  • シンメトレル錠50mg
  • シンメトレル錠100mg

TOPへ戻る

抗コリン剤

  • アーテン錠2mg
  • アキネトン錠1mg

TOPへ戻る

ノルアドレナリン補充剤

    • ドプスOD錠100mg
    • ドプスOD錠200mg

TOPへ戻る

最新情報をチェックしよう!

パーキンソン病の薬の最新記事8件

>もっと役立つ情報を伝えたい

もっと役立つ情報を伝えたい

パーキンソン病と共に人生を歩むことになった方々に、ちょっとでも役立つ情報や体験、病気に対する考え方のヒントをシェアしたく、このサイトを作りました。 もし、記事にある情報より良いものがあるとご存知の方は、ぜひ下記のボタンからご連絡くださいませ。

CTR IMG